* カボさんが退店しました。

23:55:14 カボ 手をパチン!

23:55:09 カボ 「よし、私達も戻ろっか!」『オーウ』

23:52:46 カボ 「みんな元気だったね~」『ソウダナァ。一安心ッテ所カ?』

23:49:19 カボ 「サーシャさんもまたねっ!」手をふりふり

* サーシャさんが退店しました。

23:48:40 サーシャ 「サーシャもそろそろお眠しますね、皆さんお疲れ様でした」

23:44:17 カボ 「レウスさんもまたねっ!」手をふりふり

* レウスさんが退店しました。

23:43:12 レウス ということで私もそろそろ落ちます。おやすみなさいませー

23:42:32 レウス 「それじゃ、カボもサーシャもまたな!」

23:41:55 レウス 「ああ、またな。…って、もうこんな時間か。そろそろ俺も寝るか。」

23:40:13 カボ 「あ、ゼルファさん、またねっ!」手をふりふり

* ゼルファさんが退店しました。

23:39:34 ゼルファ 「縁があれば、また。」

23:39:22 ゼルファ ということで落ちます。おやすみなさいなー

23:39:15 ゼルファ 「そろそろお暇するわ。」

23:22:23 レウス なるほど。…あれ、神殿で働いている人たちがすごい精神的にポジティブなのを空想できてしまうな。真面目にすごい。

23:18:25 サーシャ サーシャはこんなキラキラした皆に囲まれて幸せですって言ってます

23:17:13 サーシャ レウス様は相手の事を考えられて偉い!依頼主の今後とか倒した相手の事とか自分の事でも大変なのに優しい!

23:16:41 ゼルファ 落ち込んだらとりあえずサーシャと話すのか

23:16:22 サーシャ 頑張れるから偉い!

23:16:16 サーシャ ゼルファ様も自身の道を見定めるためにちゃんと歩けて偉い!一人でも

23:15:37 サーシャ 偉い!カボ様は自分の目標の為に頑張って料理して色々食べれて偉い!

23:13:48 カボ 無限にホメてくれるサーシャ先生

23:08:05 サーシャ 取り敢えず産まれて来てくれてありがとう、生きてるから偉い!って感じの感性

23:07:33 サーシャ 「はい、分からないもひとつの答え、分からなかったも良い事です!今を一生懸命、或いはダラダラユッタリ、其れもまたよきです!}

23:06:01 カボ 「神様よりもよく分からないのが近くにいるから、そっちで今は手一杯かなぁ、私は」

23:05:22 カボ やっぱりヴァルキリーなんじゃないのかなぁ。足と背中に羽根型の痣がありそう

23:05:03 ゼルファ 「私には縁遠い話ね。」お手上げ

23:04:44 サーシャ 人間とかヴァルキリーとか神像とかのプリーストにのみ許される精神構造してる

23:03:04 サーシャ 今日も生きてるからきっと神様は今も私を見てるなと言う超ポジティブ理論

23:02:11 カボ 「う、うん。そうだね~(にっこり」カボには遠いお話だったようだ

23:02:11 サーシャ 「だからカボ様は何時だってこれが神様の加護だよって言って良いのです」

23:02:01 レウス 「まあ何にせよ。神様を信じることができるのなら、加護は得られたと感じそうなのは間違いないな。」

23:01:24 サーシャ にっこり

23:01:20 サーシャ 「今日も、今まさにきっと【神様の加護は私たちと一緒に居る】んです」

23:00:39 サーシャ 「そして、それら全ての特別を包み込む幾つもの平凡」

23:00:24 サーシャ 「過去の苦しみ、今の幸せ、未来への期待」

22:59:50 サーシャ 「カボ様、神の加護は何処にでもあるのです。昨日の悲しみ、今日の喜び、明日の不安」

22:59:45 カボ 怒らせちゃいけない神様の一人ですからねぇ。フェトル神

22:59:03 サーシャ あとは罪数え要素もそうですね<フェトル

22:56:09 カボ 「いつか私も『これが神の御加護だよっ!』って心の底から言える時が来るのかなぁ」

22:55:51 レウス メイン盾はザイア信仰じゃなくてもできるのを完全に忘れていたよ。そういえばフェトル神は慈愛の精神…サーシャのフェトル要素はそこか。

22:54:09 サーシャ お前たちもザイアになるんだよ、グラランが出来るから楽勝ですよね

22:51:44 カボ 完全にやってることはザイアなんですよねぇ・・・サーシャさん

22:51:18 サーシャ 因みにフェトル以外だとザイアとかライフォスと相性がいいぞ

22:48:47 サーシャ 「神の御加護があるならきっと大丈夫ですね!}

22:48:02 カボ 経験と神様からの評価と名誉だけが積み重なっていくという。

22:47:54 レウス 尚、報酬は無くなったわけじゃない模様。人々の笑顔がそこにありそう。

22:46:38 サーシャ 何のッ報酬も・・・得られませんでしたっ!!

22:46:05 サーシャ 因みにサーシャのクエスト報酬は大体が被害者やら加害者やら教会に全部ぶっこまれる

22:43:10 カボ 「きっとサーシャさんには神様のご加護で、マナチャージクリスタル10点とかの歴史的遺物がしれっと転がり込んでくると思うんだ~」

22:43:03 レウス 「まあ、どんなことでも自分の納得できるようにガメルを使えるなら、そりゃある種最強だな。」

22:41:54 ゼルファ 「死ななければ多少の怪我も安いものよ。怪我する前に倒せば、それで済む話だし。」

22:41:41 サーシャ 「水も雷も高きより低きへ降る者、留めても貯まるのは気苦労ばかりです」

22:41:07 サーシャ 「誰かの助けになれるのであれば。ガメルなどは使ってしまう方が良いのですよ、レウス様」

22:40:28 レウス 「つーか、俺たちでさえ魔晶石代って結構かかるからな。俺たち以上に大量買いできるって相当だぞ。」

22:39:03 サーシャ 「カボ様は冗談がお上手です」クスクス(本気の顔

22:38:53 レウス 「こっちは攻撃を受けた場合、自分で回復する前にやられちまうからな…。まあ、代わりに攻撃を避けることによって、回復せずに済むのだが。」

22:38:36 サーシャ 「確かに私たちグラスランナーに魔力はありませんが・・・其れが魔法を使えない理由にはなりえません」

22:38:05 サーシャ 「?真摯な祈りがあれば神は誰であろうと答えてくれます、確かな知識があればマナはその光を示します」

22:35:12 カボ 「おかしいなぁ・・・同じグラランなのに魔法という単語が出てきてる気がする。まあ、サーシャさんだし使っても驚かないけどね。驚かないけどね!」ぷはー!

22:32:36 サーシャ 「怪我をしてもサーシャの魔法で癒せるので一石二鳥です」

22:31:45 レウス 「まあ、今度交えるときは…一味違うかもわからんぞ。」IBの戦闘特技が大手を振って使えるからね。

22:27:34 レウス ドッジ・オールさえ使えれば…。

22:25:56 レウス 「すげえな。こっちは物理は大体避けるが、魔法は避けられないのに。その防御力、並大抵のものじゃなかったな。」

22:24:46 カボ 「あ、サンドバッグって、そっちかぁ(白目」現実逃避でレモンスカッシュのみのみ

22:22:18 サーシャ 「お任せ下さい、殴られようと・・・切られようと!燃やされようと倒れません!!」

22:22:01 カボ 「サンドバッグ? ・・・え、え~と、グラップラーだったっけ?(私の考えてるサンドバッグと違うものだったりするのかな)」

22:21:18 ゼルファ 「私もそのうち頼もうかしら。余り剣を振らないと腕が鈍るし。」

22:20:44 レウス 「そうだな。そういう性質を持つ敵に出会うことはこの先多い可能性が高いからな。機会があれば手合わせを頼む。」

22:19:48 サーシャ 「ふふふ・・・教会でも名を聞くサンドバッググラランサーシャとは私の事です」<カボ

22:19:04 カボ 「お~、サーシャさんも腕に自信アリなんだ! すごい!」同じグラランとしてきらきらの視線を送るカボ

22:18:42 レウス 交流所にある追加ルール、Aテーブルフェンサーさえ使えれば楽に撃破できるんだろうな…。

22:17:23 サーシャ 主に硬いとか硬いとかメイン盾的な意味

22:16:48 サーシャ 「私も偶にあの鍛錬場で練習しておりますので、見かけた際は是非お声掛けを・・・こう見えて私、強いのですよ?」

22:15:57 サーシャ 「剣をですか?そう言えば以前鍛錬場でお見掛けしましたね」

22:14:43 レウス 「そういえば、この店も最近は客足が遠のいていたそうだな。その間俺は色々あって剣の腕を鍛えなおしていたわけだが。」

22:10:41 サーシャ 「はい、此れは皆様。こんばんは。ふふお久しぶりの方々に敢えてサーシャは喜びが抑えられません」

22:09:43 ゼルファ 「あら、こんばんは。:

22:08:28 レウス 「む。ゼルファにカボ…にサーシャだったか、久しぶりだな。」

22:08:26 カボ 「あっ! レウスさんだ! ハロハロー! 今日は久しぶりにいろんな人に会えるラッキーデーだねっ!」

22:07:27 レウス 「ここに来るのも久しぶりだな。おっと、マスター久しぶりの紅茶を頼む。」

* レウスさんが入店しました。

22:06:03 ゼルファ 「あら、こんばんは。」

22:05:39 カボ 「あっ! サーシャさんだ! ハロハロー!」

22:05:09 サーシャ 「お勤めご苦労様です、店主さん。はい、サーシャは今日も元気でした」

22:04:54 サーシャ カラコロ~

* サーシャさんが入店しました。

22:00:45 カボ 「やっぱり冒険者が増えてきたから近場は色々踏破されっちゃってるのかな?」ふみゅ~

21:56:24 ゼルファ 「うーん、今の所は特に…ね。もう少し行動範囲を広げようかしら。」

21:52:34 カボ 「何か珍しい物とかあった? 私もとある場所で冒険した時に色々見つけたんだけど・・・」『持チ帰ッテ来ル事ハ出来ナカッタナ。当然ッチャ当然ナンダガナ』

21:48:04 ゼルファ 「まあ、いつも通りよ。普通にただ探索してるだけの日もあったし。」

21:45:36 カボ 「う~ん、ゼルファさんのお仕事って、結構荒事が多かった気がするなぁ」『マア、問題ナサソウダケドナ』

21:44:03 ゼルファ 主に異教とその他セッション外の依頼etc

21:42:49 ゼルファ 「そうね、ちょっと立て込んでて、ルキスラに居ない期間も結構あったわね。」

21:41:57 カボ 「そういえば、ゼルファさんはこの頃はお仕事だったの? 忙しかったのかな?」レモンスカッシュ飲みながら

21:41:02 ゼルファ 「私も人の作った料理は久しぶりね。しばらくずっと自炊だったし、仕事中は保存食だったし。」

21:37:57 カボ 「あっちの料理もおいしかったけど、やっぱりここでの食事が一番だなぁ~」『ソコハろしれったノ冒険者ノ宿ッテ言ッテヤレヨ』

参加者: 0

    ダイスの使い方

    このチャットにはダイス機能があります。

    2D6 と発言すると、2個の6面ダイスを振ります。 1D100 なら1個の100面ダイスです。個数を省略すると1個、面数を省略すると6面になります。つまり D とだけ発言した場合は 1D6 になります。

    R10 と発言すると、ダイスを振って打撃力10のレーティング表を参照します。 R20@10 なら、打撃力20の表を参照し、クリティカル値10でクリティカルします。